屈折矯正手術

オルソケラトロジー

就寝時にコンタクトレンズを装用し、日中は裸眼で過ごす画期的な屈折矯正術です。

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーは、特殊な形状のハードコンタクトレンズを夜間寝ている間に装用し、角膜の形状を変化させことで近視や乱視を矯正する治療法です。起床時にレンズを外しても角膜の形状は一定時間保持されるので、日中は裸眼で過ごすことが可能。近視の予防効果も期待されます。 近視の矯正手術に抵抗感のある方、子供や思春期の方などに、お勧めの屈折矯正術です。
当院では、日本人の角膜形状にフィットしたデザインで、極めて酸素透過率の高いレンズ「ブレスオーコレクト」を採用し、患者様の視力矯正をきめ細かくサポートしています。

オルソケラトロジーの矯正メカニズム

(1)レンズ装着前
通常は網膜上で焦点が合いますが、近視の場合は網膜の手前で焦点が合うため、遠くの物がぼやけて見えます。
(2)レンズ装用中
就寝時に専用レンズを装用することで、特殊な内面カーブが角膜前面の形状を変化させ、扁平化することにより焦点が網膜上で結ばれ、像がはっきり見えます。
(3)レンズ着脱後
レンズによって扁平化された角膜前面は、レンズをはずしても一定時間形状が保持されるため、日中は裸眼で過ごせます。

オルソケラトロジーのメリット/デメリット

メリット
  • 外科的な手術ではない手軽な治療法
  • 近視だけではなく、乱視の矯正にも対応
  • 日中は裸眼での生活が可能
  • レンズの取り扱いが簡単(ハードコンタクトレンズと同等)
  • 近視進行の抑制効果が期待される
  • 治療(レンズの装用)を中止すれば、元の状態に戻せる
メリット
  • 強度の近視には適応できない
  • 視力が安定するまで個人差がある

治療のプロセス(ケア体制)

1)適応検査

専用レンズの装用が可能かを詳しく検査します。

2)カウンセリング

適応検査の結果をもとに、専任のカウンセラーが治療に対する不安や疑問点などについて、親身になってお答えします。

3)テスト装用

治療が適応と診断された場合、1週間テスト装用していただきます。

4) レンズ処方

テスト装用の効果を診断し、レンズを処方。治療を開始します。

5)アフターケア

治療開始翌日、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、それ以降は3ヶ月毎に定期検診を行い、視力や目の状態をチェックします。
治療中、何か異常を感じた場合は、検診日以外でもすぐに受診してください。

Q&A

Q)視力はどれくらいで回復しますか?
A)個人差がありますが、1週間程度で多くの患者さんが治療効果を実感されています。
Q)寝ている間にレンズを装用して大丈夫でしょうか?
A)酸素透過係数の高いレンズを使用するので問題はありません。通常のハードコンタクトレンズと同様、慣れるまでは若干違和感がある場合があります。痛みや違和感が続く場合はご相談ください。
Q)レンズの取り扱いは難しくないですか?
A)基本的な取り扱いはハードコンタクトレンズと同じです。扱い方については、テスト装用の際にご指導します。
Q)治療に向かないのはどんな人ですか?
A)強度の近視・乱視の方、他の目の疾患がある方、年配の方などは適応できない場合があります。反面、仮性近視や角膜が柔らかい若年層の方には最適です。いずれの場合も適応検査の結果を受けて、医師が判断します。
屈折矯正治療費一覧表
お気軽にお問合せください。さだまつ眼科クリニックtel.0120-23-5040