眼科手術

緑内障

緑内障とは

最悪の場合、失明する進行性の眼病。

緑内障は、何らかの原因によって眼圧が上昇することにより視神経が委縮し、視野の欠損や、視力の低下などが進行する病気です。一度萎縮した視神経は回復しないため、放置すれば失明に至る上、治療も現状を維持する方法しかないため、早期発見・早期治療が大切です。 治療法としては、眼圧を下げる点眼薬治療や、レーザー治療、手術などが有効です。

緑内障手術

角膜の端の所の眼球壁に開口部を作り、眼内の房水(前房を充たしている透明な液体)を眼外の結膜下へ導く。つまり人工的に眼外への流出路を作って眼内の余剰な水分を眼外へ導き、眼圧を下げます。

お気軽にお問合せください。さだまつ眼科クリニックtel.048-731-5040