加齢黄斑変性

老化とともに急増する目の難病。

加齢黄斑変性は、加齢に伴い目の網膜の黄斑が変性する疾患です。加齢とともにそのリスクは増加し、早ければ40代でも発症します。自覚症状としては、主に視野の中心部に現われ、ゆがんで見える、暗く見える、ぼやけて見えるなどがあり、進行すると失明する場合もあります。

治療法は、病気の進行度や重症度、また病気のタイプによってもさまざまです。現在は、黄斑変性の原因となる新生血管の増殖を抑える治療が主流で、病変部への薬剤注射や光線力学的療法(PDT)などが有効とされ、最近では新しい治療法の研究も進められています。

お気軽にお問合せください。さだまつ眼科クリニックtel.048-731-5040