小児眼科

目の発育異常を発見したら、すぐに眼科医へ。

目の構造は、子供も大人もほぼ同じです。しかし、乳幼児などは視覚などの異常を自覚できなかったり、自覚していても症状を伝えられなかったりするので、周囲の大人が子どものしぐさや目の動きなどをよく観察し、異常があれば、すぐに眼科医に相談することが大切です。

特に子供の場合は、弱視、斜視、遠視、近視など、目の発育異常が多く見受けられます。これらの一部は、成長とともに自然治癒するケースもありますが、放置すれば視覚障害を起こすこともあるので、早期発見、早期治療に心掛けましょう。

イメージ図

お気軽にお問合せください。さだまつ眼科クリニックtel.048-731-5040