ロービジョンケア

視覚障害を治療と福祉両面でケア。

ロービジョンの定義はさまざまですが、一般に、弱視、夜盲症、色覚異常、複視など、全盲ではない視覚異常全般を指します。それらの人たちに対する医療や社会的ケアをロービジョンケアといいます。

具体的には、保持されている視覚機能を維持もしくは向上させる眼科的治療と同時に、社会的な福祉によって、生活の質(QOL)を向上させます。

お気軽にお問合せください。さだまつ眼科クリニックtel.048-731-5040