マイオピン(Myopine)

マイオピン(Myopine)は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%配合。シンガポール国立眼科センターの研究に基づいて開発。

マイオピン(Myopine)とは

マイオピン(Myopine)は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬でシンガポール国立眼科センターの研究に基づいて開発されています。

近視の進行を抑制することが大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するために重要となります。

マイオピンの主な特徴

  • 近視の進行を平均約60%軽減させることができる。
  • 不快を感じるような副作用はほぼない。
  • 日中の光のまぶしさに影響を及ぼさない。
  • 眼の遠近調節機能(手元を見る作業)にほとんど影響を与えない。
  • 毎日必ず就寝前に1滴するだけの非常に簡単な治療法。

費用

診察・検査:2,500円
薬剤 (1本):2,500円(自由診療のため、健康保険がきかない治療になります)

お気軽にお問合せください。さだまつ眼科クリニックtel.048-731-5040