老視(老眼)

加齢とともに現れる目の調節異常。

老視は、加齢とともに水晶体の弾力が弱まり、近くのものに焦点が合わなくなる調節異常です。一般には老眼と呼ばれています。「近眼の人は老眼にはならない」という俗説がありますが、これは誤りで、近眼の人も加齢とともに老視の症状は現われます。

矯正は、遠視と同様の凸レンズによって行います。近視の場合は遠近両用レンズを使用します。屈折異常と同様、レンズを使用する際は、厳密な検査が必要なので、医師の処方にもとづいてメガネ、コンタクトレンズを購入するのが大原則です。

お気軽にお問合せください。さだまつ眼科クリニックtel.048-731-5040