網膜剥離

打撲など眼球にダメージを受けた場合、要注意。

網膜剥離は、老化や眼球打撲などの物理的な刺激が原因で、眼球の内側にある網膜という組織が剥がれて、視力低下や視野狭窄を起こす病気です。代表的な初期症状としては、目の前に黒い虫のような物がちらつく「飛蚊症」があり、放置すれば失明の恐れがあります。

治療法としては、初期の場合はレーザー凝固術、進行した場合は硝子体手術などを行います。

網膜剥離イメージ図

お気軽にお問合せください。さだまつ眼科クリニックtel.048-731-5040