眼科手術

網膜・硝子体手術

硝子体とは

硝子体とは、元来眼球の内腔をうめる透明なゼリー状の組織です。 この組織は病気が起こると病気の進行に大きく関与していく事が究明されてきました。 硝子体手術の目的は、混濁した硝子体や増殖した網膜硝子体の組織、あるいは貯留した血液や病原菌を除去することにあります。
手術によって、光軸部の混濁を除去し透明にすること、硝子体を切除し疾患が進行する場を除くこと、網膜への牽引を除去することなどで、疾患に応じた目的・効果があります。

網膜・硝子体手術

網膜とは、カメラでいえばフィルムにあたり光を感じそれを視神経に伝える役割をしています。 硝子体や網膜には多くの病気があり、放置した場合は失明に至る病気もあります。
当院では硝子体や網膜に関する以下の病気に対して、硝子体手術を行うことにより良好な結果を得ております。

病気の説明

網膜剥離
網膜と硝子体に異常に強い癒着がある場合、硝子体の液化や牽引により網膜に裂け目ができ、その下に水(液化硝子体)が入り込むことにより網膜剥離がおきます。放置した場合は失明することがあります。
糖尿病網膜症
糖尿病のコントロールが悪い状態が続くと網膜の毛細血管が虚血をおこし、出血や黄斑部に浮腫(黄斑浮腫)をおこし視力低下をきたします。またさらに進行すると新生血管が出現し大出血(硝子体出血)や牽引性の網膜剥離をきたします。
硝子体出血
眼球内(硝子体)に出血が及んだ状態で高度な視力障害をきたすことがあります。
黄斑円孔
網膜の中心部(黄斑部)に穴が開く病気で視野の中央が見えなくなる病気です。早期の手術により視力回復が期待できます。
黄斑前膜
網膜の中心部(黄斑部)を含む網膜の後極部に膜が張り、その膜が収縮することにより視力低下や、ゆがみをきたす病気です。
黄斑変性症
網膜の中心部(黄斑部)を含む網膜の下に新生血管が出現しそこからの滲出液や出血により高度な視覚障害をきたします。
お気軽にお問合せください。さだまつ眼科クリニックtel.048-731-5040