スタッフブログ

眼は心の窓

2019.09.01

さだまつ眼科 スタッフブログ 眼は心の窓

いよいよ9月になりました。暑さとともに蝉の鳴き声もだんだん和らいで朝晩少しずつ過ごしやすく、秋を感じる季節となりました。

今回は眼の話をしようと思います。人間と同じように眼が付いている生き物は多いです。生き物はそれぞれの生き方により眼の発達も違います。

例えば、アカメヒキガエル。名前が示すように赤い眼が特徴あるカエルです。最近はペットとしても若い女性から支持されるそうですが、この赤い眼は敵から身を守るための威嚇として、厳しい自然界を生き抜くために備わったという説もあるそうです。

一方、私たち人間。現代、情報化が進む中で人体の五感のうち約80%が視覚・眼から得られる情報が多くを占めています。その反面、情報機器の普及や高齢化、生活習慣病が増え、眼についての問題は増加しています。

秋といえば、来月10月10日は目の愛護デー、眼についての健康を考える日です。愛護デーにちなんで、厚生労働省が主催となり各都道府県でイベントが開催されているようです。ちなみに、埼玉県は9月17日にイベントが開催されるようです。この機会にご自身の眼にも向き合ってみるのもいいかもしれませんね。

大事な眼だからこそ、日頃の“見える・見る“を当たり前に思わずに、少しでもいつもと違うなと思ったら、そのままにせずに眼受診をお勧めします。お気軽にスタッフにもご相談ください。

冷たくて甘いものに注意!

2019.08.01

さだまつ眼科 スタッフブログ 冷たくて甘いものに注意!

本格的な夏がやってきました。じっとしていても汗が出て疲れる。寝苦しさからの睡眠不足、食欲不振など「夏バテ」を起こしやすい条件が重なります。

こんな暑い時期はアイスクリームや冷たい清涼飲料水、炭酸飲料などをつい口にしたくなりますね。これらの甘さは冷たさや炭酸によって感じにくくなりますが、実際はたくさんの砂糖が含まれているものが多く、摂りすぎると血糖値が急激に上がって空腹感が満たされ、「食欲がわかない」原因にもなりかねません。

また、砂糖の摂りすぎは糖質をエネルギーに変えるために必要な「ビタミンB1」をたくさん消耗してしまうことになります。夏は体力を維持するために消費量が増え、かつ水溶性のため汗や尿に排出されやすいので、とくに不足しがちな栄養素です。甘い物の摂りすぎでビタミンB1を無駄使いしないように気をつけましょう。

ビタミンB1不足が続くとバテたり、疲労が残ったり体調不良になるなどの症状が出てしまいますので、ビタミンB1が豊富な豚肉やハム、豆腐、ごま、鮭などを積極的にメニューに取り入れることもおすすめです。

コンタクトレンズのトラブル

2019.07.01

さだまつ眼科 スタッフブログ コンタクトレンズのトラブル

新学期開始から3ヶ月が過ぎ、学校健診を受けられたお子さんも多いのではないでしょうか。5月のブログでご紹介した通り、視力低下を指摘されて受診されるお子さんが多く、中学生、高校生の方ですと眼鏡よりもコンタクトレンズを希望される方が多くみられます。眼鏡に比べ視界が広く、激しいスポーツをするときには便利なコンタクトレンズですが、トラブルを訴え受診される方も少なくありません。大切な用事の際にコンタクトレンズが使えない…とならないためにも、コンタクトレンズの使い方を再確認しましょう。

■ 定期的な受診
自覚症状がなくてもアレルギー症状が出ていたり、細かい傷ができていることがあります。当院では3ヵ月ごとの受診をお願いしております。

■ 異常を感じた時はコンタクトレンズの使用を中止し、早めの受診を
異常を感じているのにそのままコンタクトレンズを使い続けると病気が悪化し、長期間コンタクトレンズが使用できなくなったり、最悪視力の低下につながる場合もあります。

■ 装用時間、期間を守りましょう。
コンタクトレンズをつけたまま眠ってしまった、2週間タイプのレンズを2週間以上使用しているといったことはありませんか?コンタクトレンズの長時間装用を長期間継続していると角膜内皮細胞という角膜の透明性を保っている細胞がダメージを受け、角膜が混濁し、視力障害を起こすことがあります。使用期限を守らずにコンタクトレンズを使用しているとレンズに汚れがたまり、アレルギー症状やばい菌感染を起こすことがあります。2週間タイプ、1ヶ月タイプのレンズでも使用期限が近づくと異物感や痒みを感じることはありませんか?そういったときはレンズに汚れが溜まっている可能性がありますので、早めにレンズを交換しましょう。

また、コンタクトレンズを使っているが、眼鏡は持っていないという方も少なくないようです。トラブルがあったときはもちろん、災害時などコンタクトレンズが使えない、清潔に保てないという時のためにも眼鏡は作っておきましょう。

一生付き合っていく眼に使うものだからこそ、使用方法を守り安全に使いましょう。

スマホ老眼

2019.06.01

さだまつ眼科 スタッフブログ スマホ老眼

現代社会では、20代・30代の若い人たちのあいだで「手元が見えにくい」「夕方になると物が見づらい」などといった、老眼のような症状に悩む人が増えています。

これはスマートフォンなどの携帯情報端末の長時間使用による「スマホ老眼」と呼ばれる症状です。一時的なことが多く、疲れの度合いによって視力が安定しないことも特徴のひとつです。

スマホ老眼を放っておくと見えにくいだけでなく、集中力の低下やイライラを招き、肩こりや頭痛などの全身症状が出てくることもあります。

改善策としては
1.スマートフォンやパソコン作業中に定期的に休憩する
2.スマートフォンの利用時は目との距離を保つ
3.疲れを感じたら目の周りを温める
4.意識的に瞬きをする
5.目薬を活用する

まず、目を酷使しすぎないことが基本です。

近視になる原因には大きく分けて「遺伝要因」と「環境要因」があります。近年、近くを注視する機会が増えて「環境要因」による近視化を招きやすくなったためと考えられています。

昭和、平成、そして令和と変わりゆく時代の流れとともに、規則正しい生活と栄養バランスが崩れがちです。特に成長期のお子さんの場合は、早寝早起きをして、朝食をとることにより、近視の進行を防ぐのに効果的とされています。また、運動をして体を動かしたり、遠くの景色を見たりすることは、緊張した目や心身もリラックスさせる良い効果があります。

当院では近視の進行を抑制する点眼治療「マイオピン」や、就寝時に装着して角膜形状を矯正するコンタクトレンズによる治療法「オルソケラトロジー」があります。詳しい内容についてはお気軽に当院スタッフにご相談下さい。

学校健診

2019.05.01

さだまつ眼科 スタッフブログ 学校健診

学校健診の時期になりました。

当院にも学校健診の用紙を持って来られる患者さまが増えてきました。なかでも視力低下の指摘で来院される方がほとんどです。

学校健診の視力検査の結果は、学校生活で支障がないかを大まかに判断するものであり、

A(1.0以上) 1番後ろの席からでも黒板の文字はよく見える
B(0.9~0.7) 後ろの方の席でも黒板の文字はほとんど見えるが近視の始まりが多い
C(0.6~0.3) 後ろの方の席では黒板の文字が見づらい
D(0.2以下) 前の方の席でも十分な見え方ではない

の4段階になっており、B以下の場合眼科での再検査が必要です。

視力低下の原因は近視、仮性近視、遠視、乱視などがあります。子どものうちは目の度数は変わりやすいので1年間もしないうちに眼鏡が合わなくなってしまうこともあり、生活に不便を感じているようなら当院で合わせ直すことができます。

また、矯正視力が1.0未満だと「弱視」の可能性があります。裸眼視力が悪くても矯正した視力が1.0以上なら弱視ではありませんが、矯正しても視力が1.0未満だと弱視の可能性があり、早期に治療が必要になる場合があります。

必要に応じて後日、サイプレジンという点眼薬を使用して詳しく検査を行なうこともあり、そのうえで弱視かどうかの診断や治療方法を判断していきます。

視力は子どものうちにしか育ちません。早期に治療をしなければ手遅れになってしまうこともありますので、学校健診で指摘を受けたら早めの来院をお願いします。

当院では視力検査はもちろん、色覚検査や斜視の検査も行なっていますので、学校健診で何らかの指摘を受けたら早めの来院をおすすめします。

日頃から何か運動をしていますか?

2019.04.01

さだまつ眼科 スタッフブログ 日頃から何か運動をしていますか?

特に体調不良を感じていなくても何故か体が重い気がしたり、どうも疲れやすいなどということはありませんか。

ダイエットと体力造りの両方のために、ランニングを始めてみてはいかがでしょうか?

まず基礎体力アップをし、通勤中、満員電車に揺られているだけで体力を費やしたり、駅の階段の上り下りで疲れてしまったりということがなくなり、体力がつくということは疲れにくい体になるということです。

次にダイエット効果です。筋肉がついてきたと同時に、脂肪が落ちて体が少しずつ引き締まってきます。

そして、ランニングの時間を確保するために規則正しい生活を、心がけるようになるので、夜もぐっすり眠れるのです。睡眠中に分泌される成長ホルモンのお陰で、快眠なのはもちろんなこと、朝起きたときには疲れが取れていて清々しい気分になります。

体がスッキリするだけでなく、疲れも取れて気分も明るく、というわけです。ダイエットと言うと食事制限など辛いイメージを抱いてしまいがちです。でも、ランニングならば自分のペースで始められます。

心にも体にも効果のある、いいことづくしのランニング、是非この機会に始めてみてはいかがでしょうか?

春相撲

2019.03.01

さだまつ眼科 スタッフブログ 春相撲

少しずつ暖かくなり、春の心地よい季節になってきました。今回は色々話題の多い、相撲についてお話させていただきます。

良くない話題も多々ある相撲業界ですが、今の若手力士達の活躍で相撲大好き女子のスージョたちから最近人気の力士をピックアップさせていただきます!!

今1番人気は【四股王子】こと、「阿炎」が人気です。美しい四股の踏み方やイケメンのルックスとその活躍ぶりで人気が高いです。

次に注目されているのは【ひねり王子】こと「炎鵬」です。小柄な体系でとても身のこなし軽く、いつもどんな技が出されるのか楽しみで、これからの成長が気になる力士です。

他にもたくさんの注目若手力士もいますが、個人的には2年前のアキレス腱断裂から復帰して、関取まで返り咲いた「豊ノ島」を応援したいところです。

春場所も皆様テレビに夢中になりすぎて、眼精疲労やドライアイにはご注意ください。

平成の最後

2019.02.01

さだまつ眼科 スタッフブログ 平成の最後

最近よく目にするフレーズで”平成の最後”というものが気になりました。

テレビやインターネットでも平成のできごとをまとめた番組や特集などが組まれ、流行ったものや言葉、歌など様々なものがあり、懐かしむ気持ちがある方も多いのではないでしょうか?

今では、当たり前の事当たり前のものも、あと30年もしたらきっと懐かしい思い出になるのでしょう。

平成は「天地、内外ともに平和が達成される」という意味だそうです。

私の平成のイメージは”平和に成ることを願う”、また”年を重ねる度に平和を積み重ねていく”という感じでした。

5月から年号が変わりますね。今から何になるか楽しみですね!移り行く時代を感じるような年号になることでしょう。

厳しい寒さと乾燥に悩まされる時期ですが、1年の中で冬場は健康管理が特に重要視されます。受験シーズンも始まってきており、インフルエンザや急性胃腸炎などの対策も大切です。健康管理に気をつけ、皆様も新しい1年を邁進していきましょう!

新年あけましておめでとうございます

2019.01.01

さだまつ眼科 スタッフブログ 新年あけましておめでとうございます

皆さまには健やかに新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。昨年は大変多くの患者様にご来院いただき、皆様に支えられた一年でした。

さだまつ眼科は1月4日より診療を開始いたします。本年も新しいスタッフが内定しており、また産休・育児休暇中のスタッフも現場復帰する予定です。スタッフの充実により、さらに質の高い医療を提供していきます。 スタッフ一同、患者様の期待にお応えできるよう猪の如く前へ前へと努力し続けていく所存ですので、今後ともよろしくお願い申しあげます。

また、この度「サピアタワー アイクリニック東京」が2019年2月1日に東京駅前に開院します。完全予約制で自由診療のレーザー白内障とICLを主体としております。既にお問い合わせ受付しておりますので、ご興味あればお電話お待ちしております。

URL:https://eyeclinic-tokyo.jp/
ご予約/お問い合わせ:03-3215-5489

インフルエンザ

2018.12.01

さだまつ眼科 スタッフブログ インフルエンザ

あっという間に時は過ぎ、今年も残りひと月となりました。

12月、今年もインフルエンザが流行し始める時期がやってきました。そこで、改めてインフルエンザについてお話ししたいと思います。

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって感染して起こる感染症です。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型があり、人に流行を起こすのはA型とB型です。症状としては咳・喉の痛みなどの呼吸器の症状だけでなく、高熱、全身の倦怠感(だるさ)、食欲不振などの全身症状が強く、しばしば頭痛や筋肉痛・関節痛など呼吸器以外の症状を伴います。合併症として気管支炎、肺炎、中耳炎などがみられます。重大な合併症には急性脳症(インフルエンザ脳症)や重症肺炎があります。

では、どうしたら予防できるのか。

一つにはワクチン接種があります。ワクチンを予防接種すると、インフルエンザウイルスに対抗するための抗体を作らせることができます。その年に流行するインフルエンザは毎年予測され、予防接種のためのワクチンが作られます。予防接種でインフルエンザウイルスの感染を完全に予防することはできませんが、インフルエンザにかかる人や、重症化して入院する人を減らせます。

ちなみに予防接種には生ワクチンとそうでないワクチンに大きく分けられます。生ワクチンとは弱毒化した生きた病原体を接種して免疫を獲得させるものです。弱毒化してるとはいえ生きた病原体が含まれているので、接種すると体の中で増殖します。このため、生ワクチンは妊婦や免疫不全者では禁忌とされます。生ワクチン以外には不活化ワクチンやトキソイドワクチンがあります。現在、日本で使用されているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンです。不活化ワクチンは細菌やウイルスなどの病原体を不活化、つまり殺して製造したワクチンであり、接種しても体内で増えることは無いです。トキソイドワクチンは細菌が産出する毒素を精製して無毒化し、免疫原としたものです。

また、日常生活の中でインフルエンザを予防することも大切です。インフルエンザの感染は咳やくしゃみによる飛沫や接触によって、ウイルスが体内に入ることで起こります。こまめな手洗いうがいや普段から健康管理に気をつけ、十分に栄養と睡眠を取って抵抗力を高めておきましょう。

秋刀魚のお話

2018.11.01

さだまつ眼科 スタッフブログ 秋刀魚のお話

11月に入り、秋も終盤に差し掛かっていますがみなさんいかがお過ごしでしょうか。

今月は秋刀魚についてお話したいと思います。

みなさん、秋刀魚に含まれる成分をご存知ですか?まずはEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。

EPAは血液をサラサラにし血栓を予防する作用があります。血栓を予防できれば、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞等の生活習慣病を予防することができます。

一方のDHAは脳の栄養素として有名です。DHAは脳細胞に行き渡り、脳内の細い血管にも弾力を与え、酸素や栄養素を全体に送ります。さらに、体内の悪玉ステロールを減らす作用もあります。

そして、もう一つの注目すべき特徴は良質なたんぱく質です。秋刀魚に含まれるアミノ酸は、体内に吸収されやすいバランスをしています。他にもビタミンやカルシウム、鉄分なども豊富に含まれており、特に精神を安定させたり血液循環をよくしたりするビタミンB2は豊富で、その含有量は他の魚の3倍以上とも言われています。眼精疲労やがん予防にも効果のあるビタミンAも豊富に含まれています。

秋刀魚はおいしいだけではなく、栄養分も豊富な魚です。体調を崩しやすい時期ですが、残りの秋を充実させましょう。

最後に、最近、待合室で体調不良担ってしまった患者さんが何名かいらっしゃいました。長時間お待たせしてしまい、大変申し訳ありません。スタッフ一同、少しでも待ち時間の短縮を心掛けておりますが、万が一体調が悪くなってしまった方がいらっしゃいましたら、遠慮なさらずに近くのスタッフまでお申し出ください。

オルソケラトロジー

2018.10.01

朝晩はようやく涼しさを感じられる季節になりました。今年の夏は暑かったですね。皆様体調はいかがでしょうか。10月に入り、近隣の小学校ではにぎやかに運動会が開催されています。

最近、お問い合わせの多い自由診療にオルソケラトロジーという治療があります。

夜寝ている間にコンタクトレンズを装用し、日中は裸眼で過ごせるもので、運動やスイミングなどに制限がありません。親御さんが管理していただくことで、小学生から開始することができます。日中のコンタクトレンズはまだ早い、できるだけメガネをかけさせたくないお子さんに最適です。

さだまつ眼科 スタッフブログ オルソケラトロジー

軽度の近視の方を対象とした治療ですが、もちろん大人の方にも処方可能です。メスを入れる手術と違い、装用を止めれば元に戻る可逆性が魅力でもあります。トライアルレンズの貸出しを行っておりますので、ご興味のある方は適応検査のご予約をぜひどうぞ。料金等もお気軽にお問い合わせください。